お薬に対しての考え方

からだの仕組み

昨日の記事で 長男の唇の腫れ について書きました。

 

今日、皮膚科に行ってきまして 何に反応しているのか血液検査中です。

 

先生いわく じんましん とのことで

 

タリオンOD錠

アズノールとリンデロンの混合軟膏

ワセリン

 

が処方されました。

 

 

私は アンチお薬派 ではありません。

 

お薬の作用を良く知ったうえで うまく使っていくことは必要だと思っています。

 

%e3%81%8a%e8%96%ac

 

例えば今日処方された 軟膏はステロイドです。

 

薬剤師さんにも確認しました。

 (確認しただけなんですが、ステロイド=ダメ と思っている母と思われたらしく

途中でやめたりせず必ず塗ってください と念押しされてしまいました(^^:))

 

 

症状がひどく出ている場合は ステロイドの効果 は素晴らしいものがあります。

 

例えばかゆみや炎症を抑えたりすることは 掻き壊して悪化させることやかゆみからくるイライラを軽減させる効果があり、2次災害的な症状を引き起こさずにすみます。

 

私が大切だと思っているのは この薬は何に対して効果がでるのか、カラダにどのように作用するのか ということをわかって使うことです。

 

私のブログやそのほか自然療法系のブログをお読みの方ならしっかり調べられているかもしれませんね(^^)

 

そして症状のおおもとの原因を考えること。

 

例えば長男の場合、何かのアレルギー症状 が原因ではありますが

 

なぜアレルギー症状がでているのか?を考えなくてはいけません。

*もちろん生まれつき○○は体がうけつけないというのもあると思います。

 

それを考えたうえで 自然治癒力 を強くしていくケアを日々おこないます。

 

IMG_4834

 

 

このような内容も 緑のお薬と白いお薬 という項目で 緑の薬箱メールセミナー でお伝えしています(^^)

 

メルマガ先行募集は10月31日夜8時。

 

特典多数ありますので メールセミナーきになるな~ って方はぜひ メルマガ登録 をされてくださいね♪

メルマガ登録は こちらから (ケイタイ・スマホ専用です)

 *メルマガは毎週月曜と新月・満月の配信予定です。飛ばすこともありますが・・・(^^:)

 

ママは家族のお医者さん おうちでカンタン自然療法コンシェルジェいぬいまさみでした。

 

お読みいただきありがとうございます♪

 

 

 


The following two tabs change content below.
herbalholly

herbalholly

1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づき 子育て中のママに向けて おうちでカンタンに出来る自然療法を中心とした ナチュラルライフ の提案をしている。
herbalholly

最新記事 by herbalholly (全て見る)

コメント