本当に必要なものはなんだろう?学校に対する想い 3

Holly

おうちでカンタン自然療法コンシェルジェいぬいまさみです。

2日連続で書いてきた 本当に必要なものは何だろう?シリーズ(?)

何のために書いたかというと この記事 を書きたかったからなんですね(^^:)

 

実は今 肩書き を考えるところにきておりまして、かぐや塾のKeicaさんに 学校長とか塾長なんかはどうだろう?とアドバイスいただいていたのですね。

 

そう、これ以前にも他の人に言われたこと。

そして実際やっていることも スクールや学校 のようなことだし、私の想いも結局は学校なんですよね。

でも なんだか学校は嫌だ って思ってて・・・

わいわいみんなで楽しい サークル みたいなのがいいと自分では思っていたのですが・・・

IMG_0625

学校だよね(笑)レッスンだし。

 

で、スクールや学校にしたくない という 意味不明なこだわりはどこからきているのか というのを掘り下げてみたのですよ。

するとね、資格とか協会 とかのネガティブイメージ’(私の中のイメージですよ!!)が出てきましてね。

 

資格取ったってそこで満足してるじゃん、協会だって年会費取ってるだけじゃん 的な・・・

(みんながそうではないです、私のイメージです。しつこい?)

 

実際、アロマ関連の会社にいた時に インストラクター資格をもってレッスンもされている方が

冬場 マカダミアナッツオイルにごみが入ってます! とたいそうな勢いでクレームを言ってこられて・・・資格持っているのでは?とあぜんとしたことがありまして。。。

(マカダミアナッツオイルは低温になると固まりだすので冬場はモロモロがビンの中に出現することがあります。同じ理由でホホバのクレームもありました)

それで スクールってなあ・・・資格ってなあ・・・ と思ったことがあったのですね(^^:)

 

みんな 資格があるからいいよね~ って言われるけれど 資格を取ってからが勝負であって

日々の研鑽がおろそかになるのでは意味がないですよね。

 

だから、私は学校にするけれど 末永いお付き合いと研鑽の場を作ってブラッシュアップしていける仕組みを作っていけばいいんだ とやっと思えるようになりました。

 

ということで金曜日のプレゼンまでにまとめなければ。。。です(^^:)

お読みいただきありがとうございます♪

 

 

 


The following two tabs change content below.
herbalholly

herbalholly

1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づき 子育て中のママに向けて おうちでカンタンに出来る自然療法を中心とした ナチュラルライフ の提案をしている。

コメント