アロマテラピーで整える自律神経のゆらぎ

LINEで送る
Pocket

Hollyです。

週末セラピーすっ飛ばしましたが、週末は少し寝込んでおりました。

高温続きの中、台風到来の低気圧・・・
ジェットコースターのような環境の変化にさすがについていけず、ずーっと頭ガンガンでした。

なかなかないのですけどね(--;)
鎮痛剤も飲んだけれども全く効かず

根本を正さなければお薬は一時しのぎなので気休めではあるのですが
とにかく 痛み は無くさないと何もできないですものね。
痛みが無くなった時にいろいろと試みるのが私のやり方です。
(ひどいとき限定です)

痛みが無くなった=治った わけではないのでご注意を!
お薬の使い方です。

で、今回の頭痛に関しては 眼精疲労+環境の急変によるストレス が原因と思われます。
眼精疲労はまあ目の使い過ぎなので 眼精疲労ジェル+デジタルデトックス で対処。

環境によるストレスはアロマテラピーで対処が可能です。

難しい話をすれば自律神経は 交感神経と副交感神経 の二つがうまくバランスを取りながら生体を動かしています。

自律神経の乱れといっても 交感神経が優位なのか副交感神経が優位なのか によっても対応の仕方が代わります。
低気圧で調子が出ない方は一般的には副交感神経が優位になり過ぎてることが多く、アロマテラピーで言うと交感神経を動かす精油がおすすめになります。ローズマリーなんかが代表選手です。
ストレスが多くて体が緊張状態の方は交感神経が優位になり過ぎていますので アロマテラピーではリラックス作用のあるものがおすすめです。マジョラムなどは入眠時におすすめの副交感神経スイッチを入れるおすすめ精油です。

またどちらか一方ではなく揺らいでいる状態、不安定な状態の場合は 自律神経調整のための精油を使ってみてください。
おすすめは ゼラニウム(エジプト)ベルガモット です。

芳香浴やロールオンで手首に塗るなど使い方は様々あります。

使いやすいものを探してみてくださいね。

ラボカフェでもお手伝いいたしますよ。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づきママも子どもも笑顔になれる、メディカルアロマテラピーと自然療法を伝えるサロンを主宰。 ママは家族のお医者さんをキャッチコピーにお薬をなるべく使わない、なるべく病院に行かないナチュラルライフの提案をしている。

関連記事

  1. 緑内障と言われたら・・・の対策

  2. 打ち身とアザのアロマジェル

  3. アロマ初心者さんに送る 最初に買うべき精油3本②

  4. 調子が悪いと葛湯を飲む理由

  5. 子どものケガに クレイケアの仕方

  6. 【緑の薬箱メールセミナー】キットの内容

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。