フラワーエッセンスについて

LINEで送る
Pocket

フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスは大自然の中で育つ植物のエネルギーを水に転写して作ったものです。
その水を舌下に数滴落とし摂取します。

お花を見ると元気になったり癒されたり慰められたりすることはありませんか?

植物の中でも お花 はとてもエネルギーが高いですよね。

そのエネルギー=波動は、私たちの持つエネルギー=波動に働きかけて

共鳴させることでエネルギーを整えていきます。

ハーブや漢方、アロマテラピーの精油などの 物質的な成分は含まず

眼に見えない 波動 を含んだものが フラワーエッセンスです。

各お花の持つエネルギーは、人間に個性があるように様々な波動を持ちます。

植物が育った環境、生育状況、色、形状 などが深く関係してきます。

フラワーエッセンスの世界では、人間が心身に不調をもたらす要因を ストレスや感情の揺れによるエネルギーの乱れであると考えます。

様々なエネルギーの乱れを植物のエネルギーを使って修正していくのがフラワーエッセンスの役割です。

フラワーエッセンスの始まり

フラワーエッセンスの始まりは イギリスの細菌学者であった エドワード・バッチ博士(1886~1936)です。

バッチ博士は優秀な医師であり、ホメオパシー医でもありました。

人のカラダの不調は心の状態が大きくかかわっていることに気づき、それを癒すのは大自然の中の植物であると

確信し、研究を進めていました。

そして研究の結果、心をいやす自然のエネルギーが花や葉についた 朝露 に凝縮されていることを体感します。

その後成功していた医師の道を捨て、フラワーエッセンスの研究に一生を捧げ

38種類のフラワーエッセンスと緊急用の混合エッセンスを1種類を開発しました。

これがフラワーエッセンスの誕生で、これは バッチ博士のフラワーエッセンスやクラッシクフラワーエッセンス、バッチフラワーレメディなどと呼ばれています。

この開発過程からバッチ博士は 「体の不調は肉体的原因によるものだけではなく、人間が本来もつ幸福感を干渉する乱れた心の状態または気分によるものだ」 と結論付けます。

 

乱れた心の状態を放置することで、体の組織や細胞の働きが乱れ始め それが慢性化することで不調や病気が発症すると結論付けています。

心(マインド)が魂(スピリット)と肉体(ボディ)をつかさどる

フラワーエッセンスが私たちにもたらしてくれる恩恵はストレス社会で生きる者にとって計り知れないものがあります。

ストレスに代表される エネルギーの乱れ は気が付かないうちに蓄積されていきます。

気が付いた時には病気の一歩手前ということもありますし、発症してから気づくことも多いのです。

フラワーエッセンスを使っていくうちに、エネルギーの乱れが修正され肉体的な不調も解放されていくかもしれません。

今多い精神的な疾患もフラワーエッセンスをサポートで使っていくことでいい方向に向かうかもしれません。

 

副作用のない安全な自然療法

フラワーエッセンスは基本的に 水と保存料としてのブランデー が物質で作られています。
水はもちろん各植物のエネルギーが転写されている波動水です。

なので基本的に副作用はありません。
ブランデーが入っているのでお酒が弱い人や子どもには注意が必要ですが

今の状態に必要でないものを摂取しても何も起こりません。

優しい自然療法と言えるでしょう。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づき 子育て中のママに向けて おうちでカンタンに出来る自然療法を中心とした ナチュラルライフ の提案をしている。

最新記事 by herbalholly (全て見る)

関連記事

  1. アロマ初心者さんに送る 最初に買うべき精油3本③

  2. 明日から アロマフェアはじまります!

  3. 伊勢志摩とタラソテラピー

  4. 【募集中】ホームメディカルレッスン~植物バター~

  5. 陰陽五行で自分の体質や気質を知りませんか?

  6. 2期緑の薬箱講座全4回 終了しました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。