自然療法での自己防衛法

LINEで送る
Pocket

周りでもちょこちょこ感染を聞く機会が増えてきました。

小学校中学校では学級閉鎖のクラスもたくさんあり、長男もしばらくオンライン授業でした。

 

 

 

 

 

 

パート先がドラックストアで登録販売者という仕事柄お薬のご案内が多いのですが、発熱した方の接客もちょこちょこ増えましたし、市販のお薬でしのぎたい方も多いのだと思います。

ちょっと39度くらい熱あって・・・と来られてもご案内するしかないですしね(笑)病院に行けない状態だと何とかしてあげたいと思いますし。。。
(発熱外来がいっぱいなのか5~6件断られたんです、っていうお客様もいらっしゃいました)

 

ドラックストア店員、感染リスク高いよね(^^;)

そんな私が駆使している自己防衛方法をお伝えします!

これはあくまでも自然療法を使った防衛方法なので 効果があるかどうか はわかりません。試される場合は自己責任で・・・

 

 

 

 

 

 

<精油での自己防衛>

抗ウイルス作用を持つ精油たち
ユーカリラディアタ・ニアウリ・ラヴィンツァラ など

特にラヴィンツァラには免疫刺激の作用もあり、風邪予防もかかった時のケアにもおすすめの精油です。
子どもにも禁忌なく使えます。

これらの精油をマスクの外側に少しつけたりマスクスプレーにしてつけたりしています。
サロンにいるときは芳香器で拡散しています。

もう一つおすすめなのが オレガノカプセル です。

オレガノ精油は精油の中でも1,2位を争うほど抗感染作用があります。
ブログやメルマガでもこの時期よく登場するのですが あ、ちょっとやばいかも。。。 と思ったときに飲みます。(子どもや妊婦さんは飲めません)

<ホメオパシーでの自己防衛>
感染症が流行りだした頃にインドではホメオパシーが!とよく言われていました。
予防的に アコナイト を摂取していたら感染率がぐっと下がったとのこと。

アコナイトは風邪の引きはじめによく使われるレメディで トリカブト がもとの原料です。のどの痛みや熱・咳にもヒットします。
また、アコナイトは不安や恐怖にも適応しますので感染に対して不安や恐怖がある場合はとっておくといいとおもいます。

<ティッシュソルトでの自己防衛>
ティッシュソルトはホメオパシーから派生した生命組織塩療法です。
人間のカラダに必要な12種類の 塩(エン・ミネラル)の成分を希釈震盪して作られたレメディです。

ただの栄養補助食品ではなく、必要な無機塩類をうまく身体に運ぶために調整する役割を持ちます。

免疫を調整するためにはたくさんのミネラルが必要です。

まずは Ferrum-phos を1日3回1錠ずつ2週間
次に Mag-phosを1日3回1錠ずつ2週間
最後にKali-sulphを同じように2週間

これを秋口に始めているのがいいと本にかいてあり、ちょっと試しているところです。

後は多くはかけませんが波動調整で正常値に整えています。
波動調整いいですよ~

後はなるべく睡眠をとること、ゆっくりする時間を作ること、などまあよく言われていることも必要ですね。

ハーブティなどたくさん水分をとることもおすすめします。

そしてどうにもならなさそうなら 荊芥連翹湯(漢方)を飲むように決めています。
でもまあまだ元気なのでそこまではやっていませんが。。。

 

そんな感じで今のところ何もなく元気でいます(^^)

いつ感染してもおかしくないのは確かなのでいろいろ気を付けたいところです。

*ご相談はお気軽に*

ラボカフェは2月15日です♪

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づきママも子どもも笑顔になれる、メディカルアロマテラピーと自然療法を伝えるサロンを主宰。 ママは家族のお医者さんをキャッチコピーにお薬をなるべく使わない、なるべく病院に行かないナチュラルライフの提案をしている。

関連記事

  1. 子どもがインフルエンザにかかったら

  2. ホメオパシーと子供の熱

  3. 後鼻漏からの咳のケア

  4. 子どもの字がうまく書けていないのはこれが原因かも~ヴィジョン…

  5. アロマテラピーで整える自律神経のゆらぎ

  6. あの黒いGにも効果がある!ハーブと精油のご紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。