週末セラピー・日焼け・暑さダメージの回復

LINEで送る
Pocket

Hollyです。

短い梅雨が終わり、台風もあっという間に消えてしまいまた厳しい暑さが戻ってきました。
夏は開放的に外に出ていきたくなるのですが、こうも暑いと修行のようで家から出たくありませんね。

外ではマスクを外すようにしていますが、習慣とは恐ろしく無意識にマスクをしていて息苦しくなって外すということもあります。

子ども達はなおさら マスクする 事が当たり前で、いくら言ってもやはり無意識でマスクをしちゃうのでしょう。

まあ、マスク焼けのひどいこと(^^:)

ここ最近の夏は本当に暑いし、日差しもとてもきついです。

日焼けもそうですが暑さ自体も体力を消耗しますよね。
熱がカラダにこもりがちな人は本当にしんどいと思います。

今週は 日焼けや熱の対するダメージからの自然療法的回復術です。

基本的には水分は十分に摂りましょう。
脱水はすぐにおきます。
のどが渇いたなあ・・と思う時には軽い脱水だと思ってくださいね。

まず、日光に当たるということはカラダに結構な負担をかけます。
心拍数は上がるし、体温も調整しないといけないし、代謝も活発になります。

この状態はミネラルをたくさん必要とします。

ミネラルと言えばHollyではティッシュソルトですね(^^)

日光によく当たってちょっと疲れたなあ・・という時のファーストチョイスは
Ferr Phos(ファーレンフォス・リン酸鉄)です。
これは日に当たった時に栄養輸送と酸素供給のために必要なミネラルです。
日に当たるとすぐにしんどくなる人は日差しが強い時期は毎日摂るのがおすすめです。

カラダに熱がこもってなかなか汗がかけない人は
Nat Mur(ナトマー・塩化ナトリウム)が必須です。
これは体内の液体を調整します。
(水のような鼻水がでる花粉症にもおすすめです)

この2種は水筒に水を入れて1粒入れておくのもいいですよ。
少しずつ水分摂取時に補給できる感じです。

また、すぐに日焼けして黒くなるような方は
Kali Sulph(カリサルファ・硫酸カリウム)
これは表皮を守り、色素沈着を助けます。

ではアロマなどの外からケアはどうでしょう?
日焼けして火照った肌にはローマンカモミールのハーブウォーターがおすすめです。
菊科アレルギーの方はラベンダーウォーターまたはローズウォーターで。

ラベンダー精油も入れるといいですね。
保湿作用の高いグリセリンを入れてみてください。

ヒリヒリがおさまってきたら肌修復作用のあるカレンデュラオイルやローズヒップオイルを
ホホバ油とブレンドし、ラベンダー精油を
疲労が抜けきらないときにはブラックスプルースなどもおすすめです。

アロマトリートメントはリラックス作用も大きいですし、日焼けのダメージ回復にはもってこいです。
一度全身アロマトリートメント受けてみてくださいね。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づきママも子どもも笑顔になれる、メディカルアロマテラピーと自然療法を伝えるサロンを主宰。 ママは家族のお医者さんをキャッチコピーにお薬をなるべく使わない、なるべく病院に行かないナチュラルライフの提案をしている。

関連記事

  1. 2月第4週の週末アロマ~春を呼ぶ香り~

  2. 10月1週目の週末アロマ

  3. 6月2週目の週末アロマ~気温差による自律神経の乱れ~

  4. 9月3週目の週末アロマ

  5. 週末セラピー・打撲や筋肉痛のケア

  6. 12月2週目の週末アロマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。