自律神経を整えましょう。

LINEで送る
Pocket

Hollyです。

連日の危険な暑さ・・・
外に出るのが怖いですね。

おうちの中でもエアコンがよく効いた部屋と誰もいない部屋や廊下などの
室温が高いところとの差が10度以上あるのも珍しくなくなりました。

サロンのお部屋も気づけば35℃超えだったりと精油などの隔離をしないといけないくらいです。

この温度差、実は自律神経のバランスを著しく崩します。

夏バテの原因の一つに自律神経のバランスが崩れることがありますが
まさにこれですね。
そして身体的なストレスもかかります。

交感神経と副交感神経の2つからなる自律神経ですが、日中は交感神経が夜になると副交感神経が優位になり
シーソーのようにうまくバランスをとっています。

それが様々なストレスがかかることによって 交感神経が優位になり続けます。

そして、先日学んだポリヴェーガル理論によると 交感神経が優位になりすぎると副交感神経優位に反動で傾きます。
この副交感神経は リラックスや身体の修復を担うのではなく やるきが出なかったり疲労感がぬけなかったりして
動けなくなると言います。

なのでいろんなサイトで書いているのを見かける 副交感神経優位 にもっていくのもまた考えものなのですね。

こんな場合使っていくのは バランスをとる精油 です。

バジルやゼラニウム、ブラックスプルース などおすすめです。
これらを使ったアロマバス、少しぬるめのお風呂にゆっくりつかってください。

漢方もおすすめです。

冷え性でストレスを感じやすい方は 半夏厚朴湯
更年期やイライラしたり怒りっぽい方は 抑肝散や加味逍遙散
神経質で興奮しやすく疲れやすい方は 桂枝加龍骨牡蛎湯

これらは薬局で手に入りますのでお試しください。

ちょっと危険な暑い夏です。
体調に気を配りながら乗り切りましょう。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づきママも子どもも笑顔になれる、メディカルアロマテラピーと自然療法を伝えるサロンを主宰。 ママは家族のお医者さんをキャッチコピーにお薬をなるべく使わない、なるべく病院に行かないナチュラルライフの提案をしている。

関連記事

  1. 11月3週目の週末アロマ

  2. 週末セラピー~気分を変えるアロマテラピーレシピ~

  3. 週末セラピー~自律神経を整える、お守りアロマをどうぞ~

  4. 週末アロマ~しっかりしたカラダを作るには~

  5. 週末セラピー~チルアウト!~

  6. 11月第2週目の週末アロマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。