香りと記憶の関係

○ホリスティックライフの知恵と習慣

突然ですが ある香りを嗅ぐと記憶が鮮明に蘇る… などという経験はありませんか?

 

 

おばあちゃんの家の匂いや好きな花の匂い、

キンモクセイやジンチョウゲなどは香り立ちが良いので あー、もうこんな季節かぁ、そういえば… などと色々思い出す方も多いでしょう。

 

 

おばあちゃんち楽しかったな、とかキンモクセイの香りは運動会の朝香ってたなとか(^-^)

 

 

良い香りはいい思い出としてインプットされていませんか?

 

 

香りがあることで記憶に刻まれることもあります。

 

 

私は  子供達の周りにたくさんの良い香り があればいいなぁ と思っています。

 

 

ご飯の香りでも石鹸の香りでも良いんですよ。

 

楽しい記憶にいつも 香り があると、香りでいつでも蘇りますね。

 

 

そこで手軽に使えるのが アロマテラピーなのですね。

天然の柔らかい香りは 記憶 も柔らかくしてくれる気がします。

 

 

さらに少し学んでみると 健康にも貢献してくれるらしい!

ということがわかります(^-^)

 

 

風邪を引いた時の香りが 病院の消毒の香りや苦いお薬の香りなのか、

 

お母さんがマッサージしてくれた ユーカリやラヴィンツァラのすっとした香りなのかでは、

 

大きくなってからの 風邪 のイメージも変わって来ると思うのですよ。

 

たくさんの 本物の香り に触れて

良い記憶 をたくさんストックしてほしいなと思います。

 

ナチュラルライフスタイル塾では

おうちを 良い香り でいっぱいにする方法をお伝えします♪

 

 

 


The following two tabs change content below.
herbalholly

herbalholly

1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づき 子育て中のママに向けて おうちでカンタンに出来る自然療法を中心とした ナチュラルライフ の提案をしている。

コメント