ほんとに身体にいいかな?あなたはどっちを飲みますか?

LINEで送る
Pocket

7月に入って 一気に夏ですね~
PPW_kooridehiyashitabi-ru_TP_V
ビールの消費量が増えていく時期・・・と思っていたら やっぱり去年もそうだったのね(笑)
去年のアメブロ記事、こちらでもシェアします
***********************
暑くなってきたのでビール(発泡酒)の回転が早くなりそうな我が家。(私はチューハイ、焼酎派なのであんまり飲まないけど)
最近コマーシャルで流れてる新しいビール(発泡酒) 糖質ゼロ、プリン体ゼロ に惹かれて試しに購入。
一口飲んだ旦那氏、後味がビールじゃない。(発泡酒ですけどね)
えーそーなのー?
で、ここで初めて原材料チェック(^_^;)
ビールの添加物

ちょっと見にくくて申し訳無いのですがね~

ちょっと緑が見えてるのがいつものやつ。
ブルーが少し見えてるのが新しいやつ。
…添加物パラダイスやんΣ(゚д゚lll)
なぜ甘味料、アセスルファムK。一番あかんやつやん(-。-;
なぜカラメル色素・・・
旦那氏の味覚、グッジョブ!
コマーシャルに乗せられて ホイホイ 買ってきてしまった(^_^;)
最近は調味料や加工食品は気をつけて裏をみてたけど ビール系 はノータッチだったよ…
でもね、きっと こっちの方が体に良さそう ってみんな買っていくんだよね。(うちもそうでしたわ(^_^;))
こっちの方がよろしくないじゃん(ー ー;)
皆さんもちょっと気をつけて裏見てみましょうね
なるべくなら添加物の少ない方を選びたいものです。
**************************
いまやほとんどのものに入っていると言っても過言ではない アセスルファムK と アスパルテーム、スクラロース という添加物。
危険だ とか 危険じゃない分量だ とかいろいろと言われています
 アスパルテーム → 多くの副作用の懸念(失明、脳腫瘍、心臓発作、アルツハイマーなど)
 アセスルファムK → 分解されにくく 肝機能障害や免疫低下の懸念
 スクラロース → 腸内細菌の50%を殺してしまう。
各副作用はこんな感じで、でも糖尿の方や子どもの肥満などにはいい点もあるとか・・・
ただやっぱり 疑いのあるものは避けたいわけで、子どもにも コカ・コーラゼロ はダメよと言ってみたりします。
単体ではなく一緒に入っている場合の副作用とかも気になりますしね。
(今はよくても後になって やっぱり非常に危険でした っていうのもあるので)
わざわざこれが入っているものを選ばなくてもいいよね~、という考えなんですが、市販ののみものやお菓子には結構使われているという事実・・・(砂糖よりも安価だと聞きました)
出来るだけ裏を見て 商品を選ぼうと思っています。
あなたはどうですか?
読みいただきありがとうございます♪
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
herbalholly
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づき 子育て中のママに向けて おうちでカンタンに出来る自然療法を中心とした ナチュラルライフ の提案をしている。

関連記事

  1. 子どもの字がうまく書けていないのはこれが原因かも~ヴィジョン…

  2. カラダの基本はやっぱり腸内環境から

  3. 添加物を考えよう~私の思うメリットとデメリット~

  4. 40年前のお話・・・強い体のベースを作る。

  5. 気温差が激しくて咳が出だしたら・・・

  6. 何とか日焼をふせぎたい!ナチュラルケアで(^^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。