免疫UPのためのハーブ 使い方

LINEで送る
Pocket

免疫UPのためのアロマとハーブ、今日はハーブについてです。

IMG_5930

ハーブを育ててる という方はたくさんいらっしゃると思います。

タイムやバジルなどはお料理にも使えますし見た目もかわいいです。

おうちのインテリアにも使えるし、ナチュラルライフの演出にも持ってこいです(^^)

 

せっかくのハーブ、わさわさ育ってくると どう使っていいかわからない と言われる方も多いですよね。

ハーブティをいつも飲むという習慣をお持ちの方はぜひフレッシュでお飲みくださいね。

 

このハーブティも 免疫UP につながる種類があります。

 

エキナセア・ローズヒップ・カモミール あたりはよく出てくる名前ですね。

サプリメントやチンキ剤になってくると キャッツクローやアガリスク などもあります。

 

*キャッツクローは 抗リウマチや腫瘍抑制などで知られています(i herb で購入すると少し安いです)

ローズヒップはビタミンCも豊富に含まれていますので 免疫UP 目的だけでなく 美肌や風邪予防 などとっても有効です(^^)

飲みやすくスーパーでも ハイビスカスとのブレンドティ として手に入りやすいので ハーブティ初心者さんにはとてもオススメ!

IMG_4725

ハーブの使い方としては やはり手軽な飲用がいちばんです。

香りは鼻から、成分はカラダで吸収されます。

 

ただ、ハーブティは 水溶性成分 のみ抽出されるため できれば丸ごと使っていただくのが理想です。

ローズヒップであれば ジャム にして丸ごといただく。

エキナセアなら カプセルにハーブ粉末 を入れて摂取する

オレガノカプセル

*こちらは doTERRAの ベジカプセルです。

お料理に使うのもいいですね♪

 

ハーブのみでの免疫UPははっきり言ってムリだと思います。

 

どれもそうですが 総合的に取り入れてこそ の体質改善です。

明日は お待たせいたしましたの 食生活 ですが それだけに頼るのもNGです。

適度な運動(難しいんだけど(^^:))も大切です。これもまた書きますね。

 

ママは家族のお医者さん おうちでカンタン自然療法コンシェルジェいぬいまさみでした。

お読みいただきありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づきママも子どもも笑顔になれる、メディカルアロマテラピーと自然療法を伝えるサロンを主宰。 ママは家族のお医者さんをキャッチコピーにお薬をなるべく使わない、なるべく病院に行かないナチュラルライフの提案をしている。

関連記事

  1. ゆでうどんは何からできているのかな?裏をみてみよう(^^)

  2. めばちこ(ものもらい)のホリスティックケア

  3. 免疫力?寝ても疲れが取れないあなた!原因を知りましょう

  4. 食事でばっちり免疫UPとなるかな・・・?

  5. 香りでおうちをすっきりさせる方法

  6. 除菌・殺菌の落とし穴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。