週末セラピー~打撲・ケガ!~

LINEで送る
Pocket

Hollyです。

月下美人がつぼみを3つ付けました!

(InstagramにもUPしています)

びっくりするほど放置だったのですが・・強いですね、植物。

私たちは植物の恩恵なしには生きていけません。
もっと大切にしなければ~
生命のサイクルが毎年見れることはありがたいことです。

精油もハーブもエッセンスもエネルギーのおすそ分けをいただいているわけですものね。

 

さてさて今週は 打撲・ケガ の手当て。

実は水曜日に自転車で大転倒してしまいまして(T T)
雨でぬれていたタイルで滑りまして、まあ見事なこけっぷり。。
手や肘も血だらけになり左脛を強打しまして。。。

皆様、雨の日の自転車お気を付けくださいね。

一瞬左脛は 折れたか? と思いましたが(歳も歳なので・・)
まあ歩けたし大丈夫かと、予定をキャンセルして帰ってきました。

ファースト処置
*ホメオパシー アコナイト
とりあえず落ち着きましょう。

*傷口をきれいに洗う、キズパワーパッド(ナチュラルモイストヒーリング仕様のバンドエイド)でカバー
キズパワーパッド、たまたま大きいのがうちに残っていたので使いましたがない場合。
*ラップにワセリンを塗って患部にあてる。(自己責任です(--)

打撲部分はクレイで湿布

写真よりももっと分厚く塗ってくださいね~
30分放置

クレイするときは時間に余裕のある時しかできませんが効果は絶大です。
自分が負傷したときはなるべく簡単に済む方がいいのでクレイチューブを用意しておくといいです。

そのあとは安静に・・・

私はなんせ左脛が痛すぎてずっと横になってました。

ところで、肉離れや打撲の時の応急処置法として RICE というのがあるのをご存知でしょうか?

Rest(安静)
Icing(冷却)
Compression(圧迫)
Elevation(挙上)

とりあえずは安静に、というのが最初です。
私は自転車で帰りましたので安静とは程遠いですが(^^;)

患部を30分ぐらい冷やし(これはクレイで代用しています、冷やしてね)

包帯やテーピングなどがあればそれで圧迫します。

で心臓よりも高い位置に患部を上げておく。
なので私は横になって足の下に布団を入れて高い位置に挙げていました。

打撲時のホメオパシーは
RUTA(ルータ)⇒脛特化、骨まで痛いとき。今回はこれです
ARNICA(アルニカ)⇒一般的な打撲、直後のショックに。私はアコナイトをとりましたがこれでもいいですね。
HYPERICUM(ハイペリカム)⇒痛みが非常に強く神経までいった?と思う時

アルニカの浸出油やクリームも良いですよ。

予後でアロマのジェル登場です!

打撲と言えばヘリクリサム!
ヘリクリサム・ウインターグリーン・ラベンダーAg・サイプレス
を使ってジェルを作りました。

あとはマイクロカレント(周波数調整器機)でいろいろ調整しています。
マイクロカレント、よいですよ(^^)
生体は全て微弱な電気を帯びていますのでそれを調整すると軽くなります。

サロンでお試しくださいね。

あ、私は病院は行ってませんが皆さん不安な方は病院行ってくださいね~!

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
1998年、仕事で買い付けに行ったバリでアロマテラピーに出会う。 2000年より本格的に自然療法の勉強を始め、アロマテラピートリートメントを中心に出張など行う。第1子出産を経て2009年より自宅サロンを始める。 第2子出産後2013年、突然の入院。そこから ママが倒れてしまうと大変だということに気づきママも子どもも笑顔になれる、メディカルアロマテラピーと自然療法を伝えるサロンを主宰。 ママは家族のお医者さんをキャッチコピーにお薬をなるべく使わない、なるべく病院に行かないナチュラルライフの提案をしている。

関連記事

  1. 7月4週目の週末アロマ~熱中症対策~

  2. 10月第3週の週末アロマ

  3. 週末セラピー・打撲や筋肉痛のケア

  4. 9月第4週目の週末アロマ

  5. 6月3週目の週末アロマ~疲労回復のためのアロマとハーブ~

  6. 11月第1週目の週末アロマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。